2019年

7月

13日

アザミ

少し肥沃で半分日陰では「アザミ」が大変元気よく育ちます。実家の屋敷裏に咲いているアザミがまさしくそれです。宿根で毎年同じ場所に大株の花が咲きます。 子供の頃、この花が枯れてくると、花一輪で一匹、必ず幼虫が入っており(カミキリムシの幼虫かも?)小川に釣りに出かけるとき、この幼虫を使うと「ハヤ・モロコ・アカダス」などの小魚がよく釣れたものです。

2019年

7月

11日

ラベンダー

北海道富良野のラベンダーを見てみたい! とあこがれて、ホームセンターで買い求めた 一株の苗から、挿し木で増やしてきた我が家のラベンダー  何年かして、あちらこちらの空き地にお茂るようになっています。 写真は実家の道路わきのラベンダー。 挿し木から3年目になります。

2019年

7月

08日

かぼちゃ

「カボチャ「」が成長してます。梅雨のおかげで今年は成長がずいぶん調子よい様子です。

写真で分かるように今年は今までの放任栽培から「管理栽培」に切り替えて、集中して手間暇をかけています。「ぼっちゃん」「栗カボチャ」「すくなかぼちゃ」それぞれに最適な「つる」の本数に仕立てて、実となる個数、伸びる方向も管理しています。植え付けた株は75です。

2019年

7月

03日

ブルーベリー・もず

ブルーベリーは健康に大変良い!と聞いて、5本が植えてあります。しかし小鳥の餌にもってこいのようです。防鳥網で囲いを作って棒業したつもりでしたが、残念! あろうことか・・・網の中に中型の鳥が・・・「もず」に見えます。近ついて見ると網の下部の隙間から出入りしているらしく、まるで餌のある籠の状態でした。二度確認したので間違いありません。来年はしっかり網を張らなくては。

2019年

7月

03日

大根収穫

梅雨の雨間をぬって、大きくなりすぎてしまった大根をすべて引き抜いてしまいました。今年二回目の作付けしたものです。梅雨のおかげで成長が著しく活発で大根に亀裂が入り始めています。なぜか・・・50センチ級のお化けもありました。大きさの記録です。

できる限り、冷蔵保存してお客様に提供してゆきます。

2019年

7月

01日

イチジク

梅雨時の果樹は一年で一番大事な時期です。

春に花をつけて受粉したものがどんどん成長します。気温・湿度・日光・肥料分 どれも必要なのですが、旺麦農園では害鳥対策が非常に大変です。青い色のうちはまだ良いのですが、赤く色突き出すと あっという間に中型の鳥たちが集まって瞬間に全てを食べ尽くして行きます。 ネットを取り付けられるのはほんの一部だけです。

2019年

6月

30日

アイスプラウト

決まり切った野菜は お店で使う数種類なのですが、普段聞きなれない野菜も ついでの作業ですから作りたくもなります。

「アイスプラウト」 ネットの野菜栽培記事で見つけました。種からの栽培で発芽率は悪かったので6株ほど試験的に植えつけました。脇目から育った葉を切り取って「サラダ」に混ぜて食べます。産毛があるのですが、食感は不思議な柔らかさ! 味は・・・あまりしません。記事によれば与える水に少しだけ塩を入れると美味しく食べられると・・とのことです。

やってみますか?

2019年

6月

26日

通年ねぎ

一年に数回ネギの種まきをして、通年 店で使うネギが切れることのないようにしています。写真は今年に入って2回目の物。何度も少しずつ土を寄せて幹丈を伸ばしてゆきます。

なんちゃって農業でも機会がなくてはできません。

2019年

6月

25日

ポピー

野菜を育てるハウスのなかで、店の入り口を飾る「鉢花」を育てています。時期を開けて何種類を栽培していますが、現在は「ポピー」と「コキア」です。100円ショップの00値打ちなものを買ってきましたので発芽率が悪く、ようやくここまで来ました。

2019年

6月

24日

梅の実

朝からどんより曇って、今日は「つゆぞら」です。 農園には3本の梅の木があります。6月20日が過ぎれば収穫時期となります。ところが・・・今年の生育状況は芳しくありません。すべての木に梅の実が見当たりません。近くの農産物販売所にも出ておりません。逆に販売所の係から、「注文は山ほどあるのだけれど 梅は余っていませんか?」と聞かれるほどです。 花が咲いて受粉の時期に真冬日が何日かあったことが原因かと思われます。

2019年

6月

21日

次郎柿

自宅と農園に柿の木が数本植えてあります。この写真は「次郎柿」。富有柿とよく似ていますが、少し角ばっています。味は・・・富有柿のほうに軍配が上がります。私が子供の時期はそれでも普通においしいと感じて食べていましたが、糖度の高い富有柿を食べなれてしまうと今一歩・・と感じてしまいます。

2019年

6月

21日

ストロベリームーン

初めて聞いた名前「ストロベリームーン」・・はてはて・・調べたら、イチゴの色をした月ではなく、イチゴを摘み取り時期の月だとか・・・ 恵那山にかかる月を眺めると? たしかに大きくて明るく、気に留めやすい大きさの月でした。

2019年

6月

17日

キウイフルーツ

いや〜〜〜!! 気持ちよく晴れています。何日ぶりですかね。この真っ青な青空は・・・秋でもこんな青い空は少ないものです。

実家の庭先にキウイフルーツがあります。

今朝の状態でこの大きさ! 食べられるのは秋、霜が降りた後になります。

2019年

6月

16日

梅雨

このところ 申し分のない梅雨空が続きます。旺麦のお客様もこの時期は一休み。ゆっくりした毎日になっています。農園の仕事は追い迫るように夏草が生い茂り、除草作業に追われています。一息入れた野良にわきには「つゆ草」が咲いています。 そうだ!昔からこの時期、「梅の実」の収穫は6月20日だった。

2019年

6月

09日

キウイ

キウイフルーツを育てています。健康的な果物でおなかの調子を整える効果(便通がよくなる)もあります。先日テレビ番組で「これは何という果物でしょうか?」とノ問いに答えられた芸能人はありませんでした。町の生活では見かけることは無いのかもしれません。

 さて、怪しい曇り空ですが地域の環境整備作業が早朝からあります。6時30分から目の前の道路雑草の草刈り作業を終えてから出勤です。

2019年

6月

08日

梅雨入り

梅雨入りしました。お店的には雨の日が多ければお客様は必然的に少なくなるものですが、農業的には野菜の成長を促進させる恵みの雨!になります。旺麦農園の野菜もこの時期一揆気に成長が促進できます。写真は「サツマイモ」で約200本の植え込みです。3週間過ぎて活着できなかった苗の捕植します。梅雨の時期には最適な作業です。

2019年

6月

03日

ふうき

あまりメジャーな野菜ではありませんが、店の土手に「ふうき」がたくさんあります。時々このブログに登場する ふきのとう の成長したものですが・・ 幼少のころ母がこれを採ってきて茎を折るようにして皮をむき、引きこぼすように煮立てて灰汁をとり、醤油ベースで味付けしたものを食べていました。懐かしい味です。

2019年

6月

01日

芍薬

基本的に植物の花で大きな花が咲くのはあまり好みではありませんが、「シャクヤク」だけは美しく咲くと感動します。赤色、白色と植えています。秋に株を切り分けて増やすことができます。どちらかといえば株の根本を草取りなどでかき回さないほうがよく育ちます。

写真は白色です。

2019年

6月

01日

ミニトマト

個人商店の定休日は町中で商売する人のように、一日ゆっくりする・・ことはなく 農園の畑仕事に追われて過ごします。春から夏にかけての時期が一番やることが多いのです。

早朝から、自宅庭先のミニトマトの屋根を組み立てて、農園で今年三回目の 九条ネギ 植え替えをやりました。 ネギは種まきから三回の移し替え作業があります。

2019年

5月

27日

からし菜 の花

旺麦農園は余裕の広さがあるので、春巻き野菜は数種類を同時に作付けします。今年は「ピリッと辛い葉物」をテーマに ワサビ菜 ちりめん菜 からし菜 を植えてみました。どれも十分育って美味しかったのですが、二人住まいでは食べきれず、おすそ分けにもキリがあり、残った分に花が咲いてしまいました。

わさび菜は育ち始めから、綺麗な紫色です。大きくなっても紫色。ゆでると普通の野菜色に変わります。味は・・・辛くありません?

2019年

5月

26日

ネギ坊主

この時期になると 春先から使い始めてきた「九条ネギ」はどんどん

硬くなり、ついには「ネギ坊主」になります。あわてて、坊主だけを取り除きますが触感の硬さ!は治りません。店では なるべく薄切りにk機械でカットして提供しますが申し訳ありません。スーパーで買い求めてもどれもいっしょなのです。 今日から未熟な成育中の一本ねぎで乗り切ります。

2019年

5月

25日

脂缶のケージ

店はほとんど山の中にあります。うっかり食べ物の類を外に出しておけば、あっという間に獣やカラスにやられます。天ぷら油の缶を引きずって持ってゆかれることもしょっ中あります。取り引き業者さんから「ビニールに入れた廃缶でなければ引き取りができない。」旨の通達があり、ビニールに入れて外に出しておいたら、やっぱりカラスにボロボロにやられてしまいました。 で お得意の素人大工。ホームセンターで材料だけ買い、自作しました。これで4缶ストックができます。

2019年

5月

22日

ウワミズザクラ

店の裏の林に白い花が咲きます。ちょうど桜の花が終わった時期になります。幹を見れば 遠目には、山桜のよううにも・・・花が全く違います。「ウワミズザクラ」とか言うそうです。

桜が終わって寂しいな・・と感じている時期に白い花をつける「ウワミズザクラ」なかなか珍しくて良いものです。

2019年

5月

21日

藤の花が終わると

園芸種の「藤の花」に比べればずいぶん長く楽しめた野生の藤。 さすがにこの時期になれば周りの木々の新緑に押されて、すっかり緑に覆われてしまいました。 旺麦農園ではサクランボにムクドリの大群がやってきています。

さて昨日からの大雨で迎えた今朝、しばらくは気温上昇と予想されています。サツマイモを・・・

2019年

5月

20日

きぬさや

昨年11月に種まきしてあった「きぬさやえんどう」が盛りになっています。数日間隔で収穫して、店に持ち帰り、塩で軽く湯煎して冷凍保存しています。凡そ一年分の使用量が収穫できる予定です。 この春は3月になって氷が張る冬日が何日もありました。霜にやられたこともあり、新芽が二度 凍結枯れしました。収穫にこぎつけられて ほっとしています。

2019年

5月

15日

久しぶりの雨

昨日から雷を伴っての大雨でした。一部この地域にも大雨警報が出るほどでした。今朝は落ち着いた朝を迎えています。 辺りの水田は田植えが終わり、農家の人々は「どろやすみ」といって、すこしお休みがてら近くの温泉施設などで、骨休み

などですごす方も多いと思われます。

私は、野菜の植え付けがまだまだ急ピッチなので余裕はありません。雨間を利用してカボチャの袋に使う、竹の櫛を100本ほど作りました。

2019年

5月

14日

栗本橋

栄枯衰退といいますか、時代の流れといいますか、昭和20年代生まれの私がここで暮らしていたころは、付知川に沿って中津川市から付知町に通じる「北恵那鉄道」が生活の基幹でした。ローマン渓谷にかかるこの橋は、栗本駅で乗り降りする乗客の賑わいでごった返していたものです。今は駅も道路も旅館のなくなった静かな自然に帰りつつあります。

2019年

5月

11日

中央新幹線

「中央新幹線」とは聞きなれない言葉ですが、店の前の国道ではダンプカーの後ろに こう表示された車の列が一日に何度も往来します。きっちり安全運転で、その後ろには数珠つなぎになった一般車の列が繋がっています。

これは「リニア新幹線」のことで中津川市瀬戸、山口地区で始まっているトンネル工事の工事車両です。 坂本地区ではリニア新幹線の車両基地ができるため、すでに大規模な建物移動と工事も併せて進んでいます。写真は車両基地ができる坂本地区です。

2019年

5月

07日

花ノ木

長い連休が終りました。店を経営する側から見れば 二か月前からの準備がありますから、やれやれ無事に終わったか! と安ど感でいっぱいです。

多くのお客様にご来店いただき ありがとうございました。感謝・お礼申し上げます。

いくつかのフロヮーも在りましたが、総じてスピーデーな提供ができ、お待ちいただく時間は少なくなったと思います。 後しばらくは旺麦農園での野菜植え付けが続くことになります。

2019年

5月

06日

苗ハウス

苗を栽培しているハウスです。写っているのは「ミニトマト」ですが、ほかにも10種類以上の苗がびっしり育成中です。毎年うまく発芽育成ができないものがあります。その年の課題として、原因を調べまくって「今年はこの野菜を・・・」と集中して取り組んでゆくのも、また楽しみの一つとなります。里芋、サツマイモの冬越しと目出しはこのところ何年も失敗の連続でして。 今年は「ナス・ピーマン」の芽出しに取り組んでいます。加温器で管理しますがいまいち 難かしいです。

そば工房 旺麦 ブログ

初雪
初雪

例年より少し早めの初雪でした。

中津川付近は普段岐阜県では比較的積雪の無い地域ですが、月曜日は旺麦付近の通勤道路は渋滞の列が見受けられました。

直前に冬タイヤの交換してありセーフでした。

お店はこの季節から春までゆっくりした営業が続きます。

やはり「美味しいソバはザルに限る」と思われるお客様が多いのですね。

それでも当店では暖かいメニュー「味噌煮込み」「鍋焼きうどん」「鴨なんばん」「天ぷらソバ」・・などを用意してします。

どうぞお来しください。

 

辛い大根
辛い大根

辛い辛い大根

ただいま旺麦農園で育成中です。

が・・・・この大きさです。・・(写真)

皆さんのお口に届きますでしょうか?

ちょっと不安な眼で眺めております。

そば工房旺麦店舗

【臨時休業のご案内】

 

 

      11:00~14:30

    金曜日定休

     予約は不可です

  御入店は14:10分まで

仕込みが売れ切れると閉店します。

 

 今年は町内会役員のため

 日曜行事で休業することがあります

 HP 貼り紙をご覧ください。

 

そば工房旺麦よりお知らせ

 *そば定食・うどん定食 

  755円(平日)~

  おかず2品 漬け物 付き。

*高級 鴨のロース肉を使用した

「鴨ざる」

「鴨なんばん」 お値打ち価格で提供

*カツカレーうどん・

    蕎麦屋のカレー 

        最近人気のメニ   ューです。

そば工房旺麦の営業時間

【営 業 時 間】

   11:00~14:30
    

   最終注文は14:15分  ※仕込みが無くなり次第

  閉店する事があります。

 

 

そば工房旺麦の定休日

 毎週 金曜日

 

町内会の役員で

日曜日休業する時があります。HP・張り紙をご覧下さい。

・お問い合わせ・

 〒508-0202

 岐阜県中津川市下野217-7

 TEL: 0573-72-5022

   (携帯に転送あり。)