2019年

11月

12日

なに??

何の写真だかわかりませんが、畑の山芋 圃場です。ムカゴから種蒔きして3年すぎました。今年は掘りだしてみようかとイモの根元に目印の竹串を刺して、支柱を外しています。 長老からは「秋に見つけた山芋の根元に麦を蒔け」と聞いています。冬に掘り出そうにも、ツルが枯れてしまって、掘る場所が分からなくなるからです。

2019年

11月

12日

ナス もそろそろ・・

ナス は収穫期間が長い作物で、今まで収穫ができました。でも そろそろ硬い実になってきたので普段ならば霜が降りてから片付けしていたのを前倒しで片付けします。 今年は苗の植え付け時期に根元に灌水チューブを設置しました。ナスは非常に水分を欲しがるので水やり作業を少なくするアイテムでした。 おかげさまで大収穫となりました。  もっとも、ほかの作物で水のやりすぎもあり失敗もあったのですが・・・

2019年

11月

09日

ツルウメモドキ

さの気温が冷たく、散歩の折にはネッグウオーマーが外せなくなりました。紅葉はすぐそこの飛騨南部まできているようです。

お店の庭先では桜の葉が色つきながら、ヒラヒラと舞い落ちています。と 残るのは「ツルウメモドキ」です。今の所 色付きは黄色に近いのですが冬に入ってくれば赤く染まって、周りの小鳥たちの格好の餌になります。

2019年

11月

07日

里芋

11月 霜が降りると里芋の収穫時期です。

昨年の収穫芋を畑に深い穴を掘って保存していたものを5月に植え付けたものです。

待ちきれない・・というか試しに掘り出してみたくなるので、すでに二株失敬しています。

里芋は少し湿り気があって、すこし日影が好きなので毎年この場所を中心に植え付けしています。 今年は気温が高くて雨もありましたので上出来の作柄になっています。

2019年

11月

04日

玉ねぎの支度

この時期になるとホームセンターには玉ねぎの苗が山のようにならべられています。玉苗木の植え付けは時期が早くても塔立ちするし、遅くては育ちが悪いので地域にあった時期と苗の大きさが大切です。3週間前に石灰、鶏糞、専用化成肥料を蒔き、トラクターで耕してビニールが掛けてあります。写真の支度で凡そ5~600本が植えられる予定です。

今年最後の連休が終われば落ち着いて畑作業もできるようになります。

2019年

11月

03日

辛い大根

「冷たいそば」には 辛いおろし大根 と自分自身で思い込みがあって今年も3種類の「辛味大根」を育てています。早生の大根はすでにお店で提供しています。3番手の大根もここまで育ちましたから、気温がもっと下がれば収穫して一 旦土中に保存します。春先になればこれを掘り起こして冷蔵庫に入れています。

2019年

10月

31日

生姜

朝、出勤してくる前に「畑の「生姜」を収穫してきました。生姜の収穫は11月の霜が降りた頃・・となっているのですが、先日試し掘りした時、例年になく大きく成長していたので今朝になりました。生姜の主産地は「高知」です。南国の作物ですね。6月頃に種芋を植え付けるのですが地温が上昇する7月以降にならないと発芽してきません。心配になって何度もコソコソ・・と掘り返してしまいます。今年は気温が高かったせいか大収穫でした。「釜揚げうどんの薬味」に使ってゆきます。

2019年

10月

29日

生ネギの苗

地元学年の同級会がありました。それぞれの年齢の加算した姿に自分の容姿を感じさせるひと時でした。何人かの同級生は大病、重病を克服して復帰してきた賢者も見られ、ただただ懸命に生きる人生を教えられた感もありました。

 野菜つくりを楽しむ仲間では「今年の白菜は出来が悪い」との声が多かったです。気温の高さと天候不順でしょうか。 わが畑も同様です。 同時に「玉ねぎの苗」の出来が悪いのです。天候のせいか 作り方が悪いのか、種子の数に対して凡そ半数しか育っていません。でもすでに植え付けの時期になっています。

2019年

10月

27日

富士山 柿

通年ですとこの時期菜なれば、渋柿を収穫して皮をむき、干し柿を作るのですが、今年はいまだに朝冷えがなく、干した柿が腐ってしまう恐れがあります。でも畑の富士山柿はすでに大きくなって、色付きもよいのです。収穫の時期です。 天気予報では冷え込む予定はしばらくありません。 さてと・・・・

2019年

10月

26日

御嶽山

このところ秋の空というのが見られず、なんかすっきりしません。この時期 御嶽山が遠くに見える旺麦農園でネギや白菜 大根の収穫をするのが秋らしい日課なのです。今日も天気予報を見ると晴れ晴れと秋らしく晴天になる予定はしばらくありません。・・・・

昨日金曜日は年に一度の従業員慰安日。海の見える海鮮料理のみせで食事をしてお風呂に入り、各所でお買い物ツアーをしてきました。

2019年

10月

24日

自転車で

10月27日 隣の道の駅を発着として「森林(もり)を走ろう・・付知」と題して自転車ロード大会が行われます。旺麦は協賛していませんが、大会の準備やコースの下見などで何人かの人々が訪れてくださいました。行程差500㍍ほどの林道や旧街道を72キロ走るそうです。朝7時にスタートするようですので見かけたら安全確保だけはしてあげてください。

2019年

10月

23日

辛い辛い大根おろし。

お盆過ぎに種蒔きした「辛い大根」ようやく収穫です。今年は3種類を種蒔きして、辛味の強いものを選んで提供します。今回の辛味大根は すりおろしたとき 少し黒っぽいです。が 辛味はすこぶる絶品です。

冷たいそばによく合って、そばの味を引き立ててくれます。 

なお、畑から収穫してその日の分だけ用意する形ですので売り切れる場合もあります。

2019年

10月

22日

菊菜と菜の花

「菊菜」「菜花」は普通、畑に筋状に種をバラマキして、すぐるように抜き菜して最後に一本立ちとします。これだと種のほとんどがむだになってしまう!のです。 専業農家でポット植えの苗で栽培して居うるのを見ました。

今年は種の半分量をポット苗に仕立ててみました。手前が「菊菜」奥が「菜の花」です。一か月半かかって漸くポット苗ができあがったので今日、畑に移植しました。 さて・・・

2019年

10月

22日

かまきり

雨の朝ですが、窓を開けると郵便ポストの上に かまきり が止まっています。普段は草むらの葉の陰に住んでいるのに・・・この時期になると卵を産み付けて一生を終えるのです。雨の当たらない場所を探しているのかもしれません。

2019年

10月

20日

イチジク

30年ほど前に苗木を植え付けた「イチジク」が最盛期を迎えています。このイチジク、収穫の時期を間違えると全く味のないものです。かといって、充分に熟れるのを待っていると社員のように開きすぎて食べられないか、鳥にやられてしまいます。収穫したイチジクの幹から乳白色のネバネバした液体が出ます。肌に着くとネバネバしてちょっと気になりますが、適期の果実は美味しいものです。

2019年

10月

19日

あけび

あるところには一杯あって、ないときは全くない。 「あけび」です。写真は店の物ですが、それこそ、フェンスに巻き付いているのも「あけび」というほどです。農園の周りにもいっぱいあります。食べると ねっとり甘い種は鳥たちの最高の食事らしいです。

2019年

10月

17日

ねぎの株分け

春から育てている九条ネギ。現在店のメニューで使っているのですが、ねぎの成長と使用量バランスが・・・ねぎが余りそうです。 畑に移植した時点では3本だったものが、現在は15本〜20本に増えています。 ねぎの太さが細くなっています。 畑の半分量を新しく作った畝に株分けしています。2〜3本植えつけておくことによって太いねぎを作ろうとしています。

2019年

10月

16日

葉ネギ

これも夏の終わりに種蒔きしたものです。苗床から仮移植したもので、網を被せて台風の被害を避けました。できるだけ日光に当てなければ ヒョロヒョロ〜 のもやし状態になってしまうので、早速網を外しています。 でも自分なりに どうも成長が遅い気がします。

ねぎの種類ののか? 新しく作った畑のせいか?

2019年

10月

16日

白菜

朝晩の気温が下がると元気になる野菜は多いのです。お盆過ぎに種まきした「白菜」は収穫の時期が来ています。大きいものから採ってお店の「味噌煮込み」「鍋焼きうどん」に使っています。 今年はいつまでも気温が高いので少しばかり出来が悪いのですが、問題なく使えます。

2019年

10月

15日

ニンニク・らっきょ

昨年頂き物のらっきょを初めて栽培してみました。少量だったのでニンニクのあまり部分に植えていたのですが、収穫時期が早かったためにらっきょのサイズが小さかったのです。

今年はその らっきょ を6株ほど屋祢下に干してあったので9月に植え付けたのが写真です。1株に12個ほどの種が取れるのでこのようになります。 植え付けの時期を早めにするのがコツらしいです。らっきょは血液の浸透性が良くなる・・・とか・・?

2019年

10月

13日

台風の影響は

台風の襲来を避けて、臨時休業させていただきました。 従業員の安全面も考えてのことです。 が こちらでは雨風ともに全く影響なくただただ静かな一日となりました。 店の下を流れる付知川も綺麗に澄んだ水が流れています。今日からは好天が続く様子、通常営業です。

 気温が下がってより美味しくなるネギ「九条ネギ」です。春先から育ててようやく収穫に入っています。

2019年

10月

11日

アスパラ

何度か失敗して冬を越せなかった「アスパラガス」ですが、ようやくできるようになりました。中山間地と呼ばれるこの地域では雪がすくないものの底冷えする日が続きます。少しのかぶせ物では根元まで凍結して枯れてしまっていました。 肥料と刈り取った草、もみ殻で分厚く布団のようにした上にビニールマルチを掛けて成功でした。

2019年

10月

10日

たまねぎ

こちらは成育最中の「玉ねぎ」です。「吊たまねぎ」という種類です。こちらは普通の茎の強さですので順調に育っています。昨日はさみで半分程度にカットしたところです。こうすると、茎の太さが太くなって丈夫な苗になります。玉ねぎはまず一番に「丈夫な苗つくり」がポイントです。台風が過ぎるのを待って仮植えの苗床に移します。すでに たい肥 肥料を施肥してビニールで覆ってあります。

2019年

10月

10日

台風が

またまた台風がやってきそうです。農園の台風対策をしておきます。今回はいつもの「九条ネギ」ではなく「越津ねぎ」を蒔いています。やわらかいのです。ところが種まきから発芽から成長中でもやわらかいので やや作りにくいです。大雨に打たれて、倒伏し成長が遅れました。プランターで半分程度にカットした苗を仮植えの苗床に移したばかりなので、台風の雨風には耐えられません。ネットをかけて保護しました。

続きを読む

2019年

10月

07日

19年 新そば 入荷

新そば 入荷しました。 早速 打って提供しています。今年は通年と比べると2週間ほど入荷時期が早いです。

生粉そば で食べてみますと 味、香り、色目とも やや不作かな? と感じるファンの方がいるかもしれません。 別の意味で表現すれば、普段のそば粉の状態が良いので「更に美味しいと感じさせるそば粉」というのは難しいということかもしれません。

ソバ打ち する店主にとっては、非常に多触りがよく、まず回りが早く、新そば特有の 柔らかさ があります。

 新そばの鮮度は 日に日に下がります。お早めにご来店ください。

2019年

10月

06日

あじめ胡椒

この地域では野菜を栽培する農家ではほとんどの人が植えている「あじめ胡椒」です。

他県にも同じ種類の唐辛子が名前を変えて作付けされているみたいです。

漬物に、炒め物に、鍋物に、また、醤油漬けにしてお酒の友にもなります。

旺麦農園では今年は特別大豊作です。

 

2019年

10月

05日

大阪のおじさん

写真は近くの揚水ため池です。その昔(私が青春じだいだったころ)フォークジャンボリーが開かれていた時代、この公園はフォークソングの聖地でした。大阪の大学の教授が建てたペンションを譲り受けたのが弟の「大阪のおじさん」です。何人かの仲間と何度も何度もゴルフのついでに来店いただきました顧客様でした。先日、高齢でペンションは取り壊す、と挨拶に来られました。お元気で・・

2019年

10月

03日

白菜

ようやく気温が下がり始めてきました。白菜は夜の気温が下がり始めるといきなり元気になります。旺麦農園では 早生、奥手 それぞれ25株ほどを植え付けています。こうなると、野菜の虫がどんどん出てきます。簡単に無農薬・・といいますがある程度は消毒しないとあっという間に穴だらけの葉になります。

2019年

10月

02日

彼岸花

今年の彼岸花の開花は二週間ほど遅れています。先日そば畑で見たときにはまだ・・・? の感じだったのですが、いつもの散歩道を歩いていると、ようやく花がで揃た感じがしています。 早いもので十月です。 心配していた税改正の作業は特に問題もなく終わりました。御客様、はもちろん私達にとってもこの改正で暮らしが良くなる・・・ということは・・ありますか?。国民の血税は大切につ使ってもらいたいものですs。

2019年

9月

30日

価格改定

心苦しいのですが、消費税改定に伴いメニューの価格改定 をさせていただきました。税額込みの価格表示です。

「そば」はおおむね2~3%の実質値上げで 「うどん」などは2~3%の値下げ。

その他の「ご飯もの」は税額のみの上乗せ程度にしています。

今までの 粉類 高熱料金 出汁原料 他の食材の値上がりを再計算させていただきました。

恐縮ですがよろしくお願いします。

そば工房 旺麦 ブログ

初雪
初雪

例年より少し早めの初雪でした。

中津川付近は普段岐阜県では比較的積雪の無い地域ですが、月曜日は旺麦付近の通勤道路は渋滞の列が見受けられました。

直前に冬タイヤの交換してありセーフでした。

お店はこの季節から春までゆっくりした営業が続きます。

やはり「美味しいソバはザルに限る」と思われるお客様が多いのですね。

それでも当店では暖かいメニュー「味噌煮込み」「鍋焼きうどん」「鴨なんばん」「天ぷらソバ」・・などを用意してします。

どうぞお来しください。

 

辛い大根
辛い大根

辛い辛い大根

ただいま旺麦農園で育成中です。

が・・・・この大きさです。・・(写真)

皆さんのお口に届きますでしょうか?

ちょっと不安な眼で眺めております。

そば工房旺麦店舗

【臨時休業のご案内】

 

 

 売り切れ次第閉店します。

 

      11:00~14:30

    金曜日定休

     予約は不可です

  御入店は14:10分まで

仕込みが売れ切れると閉店します。

 

 今年は町内会役員のため

 日曜行事で休業することがあります

 HP 貼り紙をご覧ください。

 

そば工房旺麦よりお知らせ

 *そば定食・うどん定食 

  750円(平日)~

  おかず2品 漬け物 付き。

*高級 鴨のロース肉を使用した

「鴨ざる」

「鴨なんばん」 お値打ち価格で提供

*カツカレーうどん・

    蕎麦屋のカレー 

        最近人気のメニ   ューです。

そば工房旺麦の営業時間

【営 業 時 間】

   11:00~14:30
    

   最終注文は14:15分  ※仕込みが無くなり次第

  閉店する事があります。

 

 

そば工房旺麦の定休日

 毎週 金曜日

 

町内会の役員で

日曜日休業する時があります。HP・張り紙をご覧下さい。

・お問い合わせ・

 〒508-0202

 岐阜県中津川市下野217-7

 TEL: 0573-72-5022

   (携帯に転送あり。)