2018年

12月

04日

晩秋

夕暮れの時間が最高に遅いので、お店の仕事が終わると休まずに旺麦農園に行き、作業をしています。一仕事してほんの一息つけば、見える山肌は・・・こんな風景です。

大根の収穫、アスパラの終い作業、カブほうれん草、キャベツブロッコリー・・・・いろ々あってキリがないでうs。

2018年

12月

01日

早くも師走

毎年 何度も思うのですが 早くも師走です。忘年会、大掃除、町内会役員の新年行事の準備、家族の新年を迎える準備も考えなくてはいけません。家内はあれや、これや、・・・と毎日独り言のようにつぶやいています。どこのご家庭も同じかもしれません。

 話は変わりますが私が生まれたところは戦後引き揚げてきて仮の住まいだった、ちいさな祠のお堂でした。すぐ近くなのですが、いくつかの観音様や、金毘羅様、稲荷様が今でも祀られています。欠かさずお参りをしています。紅葉が綺麗です。

2018年

11月

26日

冬の便り

岐阜の山間部でも雪の便りや飛騨合掌村の赤カブ・・・などニュースには事欠きませんが、普段の 生活の中では、これです。

毎朝の散歩中で見る砂防ダムに10匹ほどの鴨の家族が住み着いて、育っています。驚かさないように木陰からそっと覗いて、無事に育ちますように・・・と見守っています。

2018年

11月

26日

冬といば

2018年

11月

21日

初の霜が降りました。

夜の布団が少し寒くて何度か起きてしまいました。いよいよ本調子の秋!!って感じになってきています。自宅の庭先が白くなって、・・なるほどなるほど・・寒いわけです。岐阜県でも山間地では雪の便りが聞かれました。

旺麦農園では大根・カブ・ホレんそう・キャベツ・白菜・里芋 等 収穫を始めなくてはいけません。

2018年

11月

18日

秋の農園

秋本番です。旺麦農園の風景です。

大根はすでにお店で使っています。キャベツも順次収穫しながら提供しています。左側の大きな葉っぱはブロッコリー、赤カブ、人参です。一番左の列は種まきの時期をずらしている野菜です。霜が降りる直前には殆どの野菜は収穫して土の中に貯蔵したり、家の中に取り込んでゆきます。

2018年

11月

14日

玉ねぎ植え

9月の15日に種まきして、ようやく圃場に植えました。今年は気温が高く初期の生育が悪かったので育ちが心配でしたが・・やれやれです。 タネを三袋、内 赤い玉ねぎが一袋あります。毎年両方を植えているのですが、どういうことか、赤いネギは苗の生育の悪いものばかりで収穫時もやはり、育ちの悪いものでしたので自分で種まきすることとしました。

総数・・850本になります。

2018年

11月

12日

のれん

お店の れん を取り替えました。

開業以来2度目です。多くのお客様が暖簾の下を潜って頂き、ボロボロになってきました。

今までの一般的デザインから今風の洒落たデザインにしました。

2018年

11月

08日

中山間地試験場

私の父は名古屋で終戦を迎え、その後の暮らしを産まれ故郷である、現在の地に新規開拓者として入植しました。農業といっても水源のある土地はすでに古来の農家が営農をしていますから、水源のない山肌や丘の上が開墾地でした。そこで父はぶどう農園を始めるために、勉強を兼ねて、この岐阜県中山間地試験場に研修生として3年通っていました。四苦八苦の末、自分が開拓組合長になり、付知川右岸羊水開通にこぎつけ、今の水田農家になったのです。

しかし、後継者はなく、農家では暮らしが成り立たなくなった現代。 

どう考えれば良いのでしょうか。

2018年

11月

07日

中津川駅開業

私はまだ産まれていませんでしたが、中央線中津川駅が開業したのが、明治35年です。当時の面影はどこにも見当たりません。中学校当時でさえ、煙の出る蒸気機関車で単線でした。

つい先日、中津川市駒場を散歩しながら、散策する機会があって、発見しました。

写真のレンガ製アーケード・・? 節美標識はでていませんでしたが間違いなく開業当時のものです。112年前の施設をみると・・感動ものです。

2018年

11月

03日

温泉宿

トンネルを超えたところに ちょっとした温泉があります。10軒程でしょうか。透明でどこかに少し、ヌルッとした感触があっって、冷め難い湯質と感じました。毎年実施している同級生です。再来年には70歳の区切りになるな・・・と話で盛りあがりました。

周りの人山々はこんな色付きで、子寒い朝市は多くの観光客でにぎわっていました。おかげさまで、外国観光客は少なく、静かな一晩でした。

2018年

11月

01日

秋の色

店の標高は凡そ500メートルです。現在はここからもう少し山奥に入った、下呂から飛騨にかけては紅葉の真っ盛りというところです。

で、この近くで秋の色は・・と・・山に出かける暇がないので捜していますと、店の裏側のツタ(蔦)が綺麗な色を付けています。

今年は全般的に色があまり綺麗ではありません。 もう少し探してみたいです。

2018年

10月

30日

御前崎

毎年のこの時期に旺麦の従業員全員で日帰り慰安旅行を実施しています。もうかれこれ21回になります。今年は新名神サービスエリアと燒津魚センター・御前崎灯台でした。初めて御前崎灯台の高さにビックリ! 通過しているだけでは解らない感動がありました。 また一斉を風靡した魚センターはシャッターの降りている店舗も多く時代の流れも感じました。移り行く人の波について行く商売の難しさ・・・って・・あるものです。

2018年

10月

28日

富士山柿

気温が下がって柿の色が濃くなってきました。畑には何本かのか種類が違うものを植えています。ふじさん柿も二本あります。今年は なり年の裏 で少し少なめになっています。それでもやっぱり我が家ではとても食べきれなくて、お友だちにもお裾分け。 今夜にでも収穫した柿の実を皮向いて、お湯につけて、干し柿作りをしょうかな。

2018年

10月

27日

十五夜

まん丸い月が出ていました。 月の公転は27,3日で 月の欠け満ちは 29,5日だそうです。 つい先日 十五夜のお月さん を見たような気がします。(雲間でした)

月日の流れるのは早いものです。いろんな事件や出来事が私の周りにもありましたが、ほんとうにあっという間の2018年のような気がしてなりません。 も忘年かが始まります。

2018年

10月

25日

秋冷え

もう何年も前から朝6時半には近くの砂防ダムまで散歩に出掛けています。往復で20分ほど。 朝の冷え込みが進んでくると毎年の様に何匹かのカモがやって来ます。

昨日から7匹の小カモ?(中カモ)が来ています。

この様子を見ると・・・年末が・・・と感じてしまうのです。

2018年

10月

24日

鳥のご馳走

毎年の事ですが、店の裏側に「あけび」がたわわに実りました。口をパカっと空けると食べごろ。 子供の頃には私のご馳走として食べていました。今では子供は見向きもしませんが、おいしい食べ物は小鳥に撮ってもおいしいようです。 どれだけもしない間にどんどん野鳥がやって来て食べています。

2018年

10月

20日

タマネギの苗

玉ねぎの苗を自分で育てています。

9月の10日に種蒔きすると11月の初旬には植え付けが出来ます。苗の大きさが問題です。

小さくて、細い苗では冬の凍結に負けてしまいます。大き過ぎると春になってから董立ちしてしまい、硬い芯が出来て使いものになりません。経験的にこの目安で作付けしています。

この苗、背丈10センチ近くになったら、鋏で半分程に切り揃えて、太くてしっかりした苗に仕上げてゆきます。

2018年

10月

14日

秋の 新そば

30年秋の新そばが入荷して来ました。

皆さんがご存知のとうり、北海道は度重なる水害、台風の被害に見舞われ、農作物が大不悪となりました。そばの生産農家も例外なく被害を受け、いつもの玄蕎麦を予定どうり買い付けすることが出来ません。正直に書きますと、今年度に限っては、本州地域産のそばをブレンドした状態で入荷して来ます。ご理解のうえご来店いただきますようお願い申しあげます。

2018年

10月

13日

恵那山の裾野

海抜600〜700mのこのソバ畑では、以前すぎの苗木などを栽培する圃場でした。小高い丘を切り開いて出来た土地なので見晴らしは素晴らしいものがあります。

何度か訪れるこの景色は、静岡に出向いて見る富士山にも引けを取らない風景です。

2018年

10月

13日

今年の そば畑

いつもの そば畑 に行きますと、ようやくこの地方での刈り取りの時期を迎えているようにみえます。 北海道地方では台風が何度かやってきてほとんどが全滅とか伝えられています。

ここの畑では影響は無いようです。

少しばかり、種子の大きさが小さいかも?と感じますが、まずまず・・

2018年

10月

09日

混雑の連休

連休はたいへん多くのお客様に御来店いただき、混雑しました。待って頂いたお客様も多かったことと、大変申し訳なく恐縮します。

このところ天候に恵まれた休日が少なかったせいもあるとは思います。ありがとうございました。

 実家にもキュウイフルーツがあります。少し硬いかも・・とお思いながらも数個を収穫してリンゴと一緒にビニール袋に入れておきましたが・・・1週間程度ではまだ食べられる雰囲気ではありません。 霜が降りる頃がちょうどいいよいのかもしれません。

2018年

10月

06日

山栗

店の横にある大きな「山栗」が最盛期を迎えました。一期に下に落ちこぼれて広がっています。今年は気温が高かったせいか、大豊作です。普段だと、イノシシ、たぬきなどのケモノがやってきて食べるのですが、今年は思いの外やってくる回数が少ないようです。多分 山の中でも十分なエサの量が確保出来ているのでしょうか。

2018年

10月

06日

コスモス

夏前の梅雨では無いかと勘違いするほど蒸し暑いスタートです。それでもやっぱり台風に直接遭遇するよりも良いですが。

実家の畑ではコスモスが咲いています。色の濃いものだけを選んで刈り取らない様に残していますが、不思議なことに種まきや肥料の管理は全くしていないのに、綺麗に咲いてくれます。

自然界で生き抜く知恵を持った植物は本当に強いものです。

2018年

10月

03日

すっかり秋の気分になるお天気です。

気持ち良い空の下で、旺麦農園では今年4回目のネギの苗管理をしてきました。比較的手間いらずのネギでも植えつけ以後、数回の手入れ作業が必要です。今朝の場合は、葉ネギ。

苗の下に籾殻を敷いて、鶏糞、専用肥料の施肥をしてきました。午後からは さつま芋の収穫になります。

2018年

10月

01日

ほてい葵

昨年からメダカの飼育をしているので。その都合で「ほてい葵」を入れています。

畑の苗を栽培するハウスにある水槽では、ほてい葵の花が咲きました。

自宅の庭先にあるものは咲いてはいません。

とくに管理をしているわけもないので、不思議です。

2018年

9月

30日

営業。

天候は良い!とは言えませんが、休んでいても台風は避けてはくれません。普通通り営業します。毎週のように休日に限って天候は悪くてあきません。 道路沿いで商売する人は大きく天候に左右されます。

近くの大規模経営、そば農場でもそばの花が咲いたとかでお祭りがありましたが、この天候ではどうも・・・いただけません。

2018年

9月

25日

雨になりました。

この3日間で殆どの水田は家の切り株の姿に変わりました。残っているイネは品種の遅いもの、湿地帯で機械が入れない水田、田植えが遅いもの、となりました。これらの風景を目にすると・・ああ・・田舎だなあ〜〜〜 と感じます。そして、一層秋の深まりを感じます。

今は雨が降っています。一夫きつけますか?

2018年

9月

23日

運動会・稲刈り

連休の中日。

ほんとうにすっきり晴れました。

店に出てくる途中、稲刈りが始まり、中学校の運動会が始まっていました。パートのおばちゃんの中にも、お孫さんの運動会を途中で抜けてくる人、稲刈りの最中にお店に出て来る人があります。 この時期にしかできないことが沢山あります。お店の商売もパートさんが複数都合悪いときは また お店も忙しいので無理してでも出勤して貰います。

 

2018年

9月

22日

彼岸花

シトシト降り続いた雨は止みました。西の空は青くなっています。明日にかけて行楽日和となりそうです。この地域でも運動会が予定されいて、中学校では今日の予定が早々と明日の日曜日に実施とか案内されています。

稲の刈り取りは少くなくとも3日間晴れ続けなくては作業は出来ません。ヤキモキしながらの連休となりました。

 今まさに盛んな「彼岸花」です。

そば工房 旺麦 ブログ

初雪
初雪

例年より少し早めの初雪でした。

中津川付近は普段岐阜県では比較的積雪の無い地域ですが、月曜日は旺麦付近の通勤道路は渋滞の列が見受けられました。

直前に冬タイヤの交換してありセーフでした。

お店はこの季節から春までゆっくりした営業が続きます。

やはり「美味しいソバはザルに限る」と思われるお客様が多いのですね。

それでも当店では暖かいメニュー「味噌煮込み」「鍋焼きうどん」「鴨なんばん」「天ぷらソバ」・・などを用意してします。

どうぞお来しください。

 

辛い大根
辛い大根

辛い辛い大根

ただいま旺麦農園で育成中です。

が・・・・この大きさです。・・(写真)

皆さんのお口に届きますでしょうか?

ちょっと不安な眼で眺めております。

そば工房旺麦店舗

【臨時休業のご案内】

 「30年 秋の新そば」提供中。

 

通常営業しています。

      11:00~14:30

    金曜日定休

     予約は不可です

  御入店は14:10分まで

仕込みが売れ切れると閉店します。

 

 

 

 今年は町内会役員のため

 日曜行事で休業することがあります

 HP 貼り紙をご覧ください。

 

 

そば工房旺麦よりお知らせ

 *そば定食・うどん定食 

  755円(平日)~

  おかず2品 漬け物 付き。

*高級 鴨のロース肉を使用した

「鴨ざる」

「鴨なんばん」 お値打ち価格で提供

*カツカレーうどん・

    蕎麦屋のカレー 

        最近人気のメニ   ューです。

そば工房旺麦の営業時間

【営 業 時 間】

   11:00~14:30
    

   最終注文は14:15分  ※仕込みが無くなり次第

  閉店する事があります。

 

 

そば工房旺麦の定休日

 毎週 金曜日

 

町内会の役員で

日曜日休業する時があります。HP・張り紙をご覧下さい。

予約・お問い合わせ

 〒508-0202

 岐阜県中津川市下野217-7

 TEL: 0573-72-5022

   (携帯に転送あり。)