2020年

10月

27日

畑のオールスター

一番手前から 辛い大根・おろし大根・ブロッコリー・奥に見えてるのが・キコク・その向こうが・富士山柿 となります。畑は違いますが収穫していないサツマイモ(安納芋)があります。金曜日の定休日にはこのサツマイモの収穫と富士山柿の収穫します。白菜・大根・キャベツもそろそろ収穫して保存を考えなくてはいけません。あっと・・里芋・も。 ハウスには玉ねぎ・青ネギ・春菜の根が育っています。植え付けの準備もしなくてはいけません。一つ一つ順番にこなしてゆきます。 農業は作業に没頭出来、楽しいです。

2020年

10月

26日

秋の晴天

秋の晴天が続くようになりました。朝霧が降りて太陽が昇り始めると雲一つない青い空が広がります。御嶽山が真っ白で雄大に望めます。 幼いころ、母が「明日の天気は崩れて雨になりそうだから、今のうちに「そば」を刈り取っておかなくては」・・・と夕ご飯を子供たちに食べさせた後、畑に出て月の光を頼りにそばの収穫作業をしていた事をよく思い出します。母があまりにも帰らないので心配になった私は畑に母を探しに行って、その作業を子供ながらに手つだったことがあります。ちょうどこの時期だったような。 周りで「志熊タヌキ」がシャー・シャーと鳴いて怖かったのでよく覚えているのです。

2020年

10月

25日

玉ねぎの苗

玉ねぎ は一年中店で使います。しかし収穫できるのは一回だけです。でも普通に保存ができます。大変都合の良い野菜です。全量自家栽培で賄います。種まきの時期は9が15日が基本、でも新しい種まき方式を取り入れて楽に苗つくり、のはずが目出しに失敗!10日遅れで通常の苗床蒔きに切り替えました。写真のがそれです。手前のシェルケースにあるのがかろうじて育った(三分の一)苗、奥の小さい苗が撒き直した苗です。普通ならば10月の末に定植ですが、11月10日ころの定植になります。それでも最終的には収穫できるつもりでいます。

2020年

10月

24日

紅葉は?

昨日は一日雨でした。今朝の気温6度で日中は15度の予測です。もうひと踏ん張り気温が下がれば紅葉の色付きも良くなると思われます。一番早い紅葉は「柿の木」です。写真が・・・う^^ん・・いまいちです。 この頃市内の広報で注意を促されるのが「熊 出没!!」です。近くでも時々「・・クマが見かけられたので注意してください。」と呼び掛けています。冬眠前のこの時期、栄養を十分蓄える必要があるので、里にやってきて・栗・どんぐり・山ぶどう 等の栄養価の高いものを食べます。雑木林の多い地区では気を付けなくてはいけません。

2020年

10月

23日

パンジー

昨年、真夏の盛りに氷で冷やしながら種まきして育てたパンジー。結局は苗が育つ環境が気温の高すぎでうまくゆきませんでした。今年は標準に夏の暑さが落ち着いてから種蒔きしたものが写真です。現在のところ育っています。気温が低いほうが元気な花は多くはないので大事にしてます。園芸店にある「ビオラ「エンパチェス」も良いのですが価格もよいです。園芸倍土を含めても数百円で半年楽しめる趣味は なかなか です。

2020年

10月

21日

イヌサフラン

今の時期、田んぼのあぜ道に咲く花はヒガンバナくらいですが、朝の散歩道には毎年のように「イヌサフラン」が咲いています。殆どの雑草類が枯れ始めるなかで紫色の大きめの花が咲き乱れる様は、ある意味、異様な風景です。春先に草食を摘んで食べる趣味の人が、行者ニンニクを採取して食べて元気になったつもりが、間違ってこのイヌサフランを食べて過ち(あやまち)する事故が時々ニュースになります。田舎者にすれば、どう見たって間違うはずがない姿形なのですが。

2020年

10月

20日

あいこ

畑のミニトマト(あいこ)です。毎年同じ種類を植えても「つまらん!」と思ってこの品種にしたのですが、形が細長くて面白いのですが、果肉の皮が厚くて食感が硬い!と感じる品種でした。実が締まっている!とも言えます。我が旺麦の店にはチョイ合わないと感じます。来年は通常のミニトマトに戻す予定です。今年の夏は異常な天候が続き、近くのトマト農家も不良品ばかりが出来て出荷できない!と悲鳴を上げています。私のも今になってワンサカ成るようになりました が もうお店では多く使うこともないので時期遅かりし感じです。

2020年

10月

19日

からたち

みかん・キンカン は何本も植えては失敗。何回も購入しては枯れて・・です。私の住む地域では冬の寒さに勝てないようです。同じ仲間でもこの「からたち」(キコク)だけは確り育ちます。友達の庭先に落ちていた果実を日影に置いていただけでドンドン育ちます。数年で成木になり見事なほど多くの果実をつけています。

漢方では若い果実を刻んで乾燥したものを整腸剤として、黄色に熟したものを刻んで乾かしたものを皮膚病、リュウマチ・・・などに使われるそうです。でも生食は種子が多すぎるのと強烈な柑橘味で絶対に無理です。利用できるのは

ミカンなどの接ぎ木台くらいと言われています。

2020年

10月

18日

辛い大根

8月の末に種まきした「辛い大根」(種類は 辛丸)が収穫できています。 ザルそば に 辛いおろし大根 もうこれは、そば通、には絶対美味しい逸品です。(私が勝手に思い込んでいるだけなのですが・・)すりおろしの器具も「エビおろし」に使う金属製のものより、細かくすりおろし出来る・セラミック製・を使っています。 昨日から気温が急激に下がって夜居間ででくつろぐ時間、ストーブを点けました、が、あまりにも寒いので炬燵を出しました。 商売上、コロナ禍で騒いで、GOTOキャンペーンの書類申請、ウエルカムキャンペーン・振興券・イートの申請・・・と ガザゴソやってるうちに、もう秋です。

2020年

10月

17日

11月5/6 連休します。

チョット私用がありまして11月5・6日(木・金)は連休させていただきます。

ニュースでも流れていますが、GOTOキャンペーンの入金が遅れて困っている施設が出始めている・・とのことですが、旺麦でもGOTOイートの加入店申請をすでに2週間前に申請していますが、何の連絡もありません。加入店の

七つ道具が届かなければGOTOイートの取り扱いは出来ません。紅葉シーズンのお客様も多いのですが困ったものです。

話は変わりますが、畑の作物もカブ・キャベツ・大根は元気盛りですが、ゴーヤ・ししとう・ピーマンが終わりを迎えています。季節は流れています。

 

2020年

10月

14日

イヌタデ

畑を薄い赤色に覆いつくす「イヌタデ」がビッシリ生えています。ビッシリすぎて草刈り機に負担がかかるくらいです。 ヤナギタデ(本タデ)の方は葉に甘味があって刺身のつまに使える・に対して・甘味が無いので「イヌタデ」と呼ばれるそうです。俳句の季語にも使われるそうですが別名を「アカノマンマ」で秋を現すみたいです。朝露に濡れたアカノマンマを歩くと 秋も本番だあ~~~・・・と感じます。

 

2020年

10月

13日

玉ねぎの苗

9月15日は玉ねぎの種を蒔く日と決めています。11月初めには畑に植え付けしたいからです。時期が早すぎると育ちすぎて塔立ちする。遅すぎると大きな玉にならない。微妙な加減が必要です。普段だとハウスで苗鉢に蒔いて、畑に移す 又は 畑に蒔いてもう一度植え直すかして苗同士が過密にならないようにしています。今年は288穴ポッドに一粒単位で種まきして移植作業はしなくてもよい植え付けをしました。 が ほとんど失敗! 発芽しません!(原因は種が悪いか・作業が悪いかまだ解かりません) 慌てて9月25日に畑蒔きをやり直しています。10日ほど遅れていますが何とかなると思います。

2020年

10月

12日

いんげん

旺麦農園のツルあり「インゲン」です。夏過ぎて一度種まきしたものは暑さでやられて収穫ができませんでした。慌てて二度目に種まきしたものです。炒め煮・味噌和え・てんぷら でも美味しいです。ところで似た野菜に ささげ があります。若い実は同じように食されますが、違う種類です。「ささげ」はアメリカ産、で充実した実は小さく、小豆の代わりにも使われます。「インゲン」は中南米産、和菓子などの 白あん にも使われます。 私が子供の頃栽培していた「ささげ」はもっと幅が広く、短く、肉厚だった記憶があります。もしかすると地元では名前を勘違いで呼んでいたのかも?

 

2020年

10月

10日

秋の ジャガイモ

ジャガイモは一般的には春の彼岸に植え付けします。春が待ち遠しいお百姓さんは少し早めに仕事をしますので「霜」が降りなくなった時点で植え付けです。が 今年はもう霜は降りない!と思ってから思いついたように霜が降りる事が2度ありました。早めに仕事したジャガイモは芽がでて霜にやられる! さらにもう一度やられる・・くり換えしているうち成長が遅れ半分以下の不作となってしまいました。 リベンジ!と夏ジャガイモを植えています。「出島」という種類です。真夏に植えるので傷つけないように一個丸ごと土に埋めないと腐ってしまいます。 こちらの方の食感はどちらかと言うと「ほこほこ感」が少なく水っぽいです。それで作付けする人が少ないのです。

2020年

10月

08日

コスモス

コスモスは本当に強い植物です。特に種を蒔いたり、肥料を与える訳でもなく、雑草と一緒に草刈り機でなぎ倒されても、毎年写真のように綺麗な花を咲かせてくれます。ただし、人工交配して変わった色に発色させるように改良した品種は途絶えてしまいました。 これを見ていると、やはり、無理して生活したり過分な欲をもって日々を過ごすのは・・・長続きしないかもしれない・・と思っています。加齢とか老いは避けれません。ある程度の商売、生活レベルで十分幸せ!と考えて生きてゆくことは大切かもしれません。

2020年

10月

07日

あじめ胡椒

住んでいる地域では多くの家庭で「あじめ胡椒」を庭先に栽培しています。チョイ辛いのが好きな人は一般的には「一味唐辛子」ですが、この地域では「あじめ」が通(つう)なのです。 私もそうなのですが、辛さにも味がある!と表現します。市販されている唐辛子」粉末より しみこむような辛さ があります。青い物を軽く火で炙って酒のアテに! 醤油に付け込んで酒のアテに! 炒め物に入れても👌です。赤くなったものは野菜の漬物に使います。

ただし細かく刻んではいけません。間違って漬物と一緒に口の中で噛んでしまうと・・・しばらくは次に進めなくなります。(ま このロシアンルーレット的なところも美味しいの内ですが)

2020年

10月

06日

彼岸花

周りの道路沿い・田んぼのあぜ道名地には真っ赤な「彼岸花」があちらこちらに咲き誇っています。わざわざ植えなくても十分この花の赤を楽しむことができます。語源は「マンジュシャカ」をサンスクリット語で表す赤い花の意味で

中国発生の仏教用語です。根の部分に強い毒性があるのであまり触らないが良いのですが、昔し食料飢饉のとき、掘り出して毒性を抜いて食べていたこともあった・・・と書いてある書物もある!というから驚きです。

2020年

10月

05日

自家栽培の難しさ

自家栽培できる畑は十分な広さを所有していますので、自分で栽培してやろう・・と3年ほど作付けしたことがあります。畑作専用地・海抜400㍍・日当たり良好で収穫までは出来るのですが脱穀した玄そばの保管に失敗してしまいました。翌年種まきするために種そばを見ると虫にやられています。常温で・・と場所を変えながら挑戦しましたが難しく断念しました。

正式には通年 湿度43% 温度0度 暗室で温度変化を避けることが条件です。

これを実行するには相当大規模でやらなくてはいけません。思い付きではコスト倒れになります。

2020年

10月

04日

そばの栽培

開拓農家は殆どの家庭は水田がありませんでした。水が利用できないよう土地しか払い下げが無かったのです。米がまだ堂々とお金として通用している時代で、町内の会費や農協の支払いもお米で済ませることができました。

私達のような開拓農家は 芋・豆・お茶・葉たばこ・青果の栽培で生計をしていて相当苦しかったです。そばも栽培していました。母が長野県飯田市の生まれで ソバにはなじみがあったのです。ソバ麺はあんまり覚えがないのですが「そば の すいとん」はよく食べていたものです。今の旺麦のそばを母に食べさせたいものです。

2020年

10月

03日

そば畑

もう朝晩はすっかり冷え込んで上着をきて散歩するようになりました。近くのそば畑に様子を見に行きました。白いそばの花が四丁歩ほどの高原にびっしり広がります。幾人かのカメラマンが朝露に濡れたタイミングを計ってシャッターを切っています。何年ここに通ってきてる見慣れた顔もあります。 そばの収穫時期にはまだ3週間ほど早いかな?と感じますが、成長具合は普通の様子です。ここの施設、コロナの関係で昨年の玄そばが売れ残ってしまい、種そばを購入するのも難しかった!とか噂も聞きました。一部、作付け出来ていない畑もあります。

2020年

10月

01日

中秋の名月

今日は「中秋の名月」です。ススキはご覧親の様子。団子は・・  平安貴族の間に、秋なって空気が乾いて遠くが良く見える時期。満月になれば夜は明るい 中国への遣唐使から伝え聞いた「望月」という習わしを模して夜を楽しもう・・・というのが起こり・・とか。

旧暦で7・8・9・月を秋として真ん中を中秋。15日は満月ですから中秋の名月となったようです。(新暦では凡そ一か月遅れですが、ずれてきます)

世の中はコロナ疲れですか?旺麦の来店者は増えています。店内で順番をお待ちの際どうしても「過密」になります。心苦しいですが外で待ってくださればお呼びします。

2020年

9月

30日

草刈クラスター

今の時代「クラスター」・・・などと書けばドッキリしますが、草刈り機の話です。旺麦農園では草の種類・作業場所・地面の傾きなどによって草刈機械の種類を持ち替えて効率よく仕事をしています。(蕎麦屋の仕事を隙間時間に農業をするので時間が無いのです)写真の「ひも専用のクラスター式」は外周の勢いの良い部分だけで作業をするのでよく切れて、飛散もすくないのです。が 使い始めてまもなく中心のベアリングから異音が発生一年で使えなくなりました。分解してみるとベアリングがガタガタ! 安物の中国製ベアリングが使ってありました。 自動車整備士の自分としては国産の信頼ある製品に取り換えるしかありません。ちなみに中国産は350円・日本産は1050円です。

2020年

9月

29日

二ッ森

1966年苗木遠山藩の荘、高山村・福岡村・田瀬村などが合併して福岡町となりました。この時、街の町章としてこの写真の「二ッ森」がマーク化された おらが町の二ッ森です。山頂の巨石には「二等三角点」の標石があります。標高1223.49㍍ 山頂付近の林道の広場に児童公園・遊歩道もあります。 ちなみに住んでいる町内会長・区会議員になると、何度かここを含んだ林峡境を確認するために山登りをすることになります。

2020年

9月

28日

御嶽山 6年

通勤途中、見通しの良い日は「御嶽山」が正面に見えます。幼い時から畑の作業・通学・祭・野原で遊ぶとき・いつも眺めながら育ってきました。近くにはこの御嶽山山岳宗教の御岳教の教会が何か所もあり行者さんが何人もおられます。2014年、9月27日には数十名の戻らぬ人々が出てしまいました。その時の噴煙はいまだに収まることはありません。信仰の山に登る。・・ってことは そういうことなのかもしれません。 合掌。

 

2020年

9月

27日

自粛の同級会

中学校を卒業してすぐに岐阜へ就職した私は、働きながら職業訓練校と夜間高校へ進みました。当時はそんな苦学生は非常に多かったのです。で 数年おきに一泊泊まりの同級会をやっていて、今年はコロナの関係でのびのびになり、先が見通せない状況になってきたので考え付いたのが「蕎麦屋で同級会」。閉店時間近くに集合して新そばを食べてワイワイガヤガヤ・・・45年ほど前の仲間と話す内容は殆ど健康関連。普段服用している薬の数で誰が偉いのか? あはははは・・・  入院中の仲間とも携帯電話のスピーカーを通しておしゃべり! 楽しい時間を過ごしました。

2020年

9月

26日

新そば の麺帯

そばを製麺するとき 水回し・合わせ・攪拌・合わせ・まるけ・捏ね・とりわけ・くくり・の工程が終わると のし工程で 麺帯 の状態になります。 写真はアップした状態です。

この後、包丁でカットしてゆきます。 新そばの場合は湿度が保たれていること、香りが残っていること、潤いがあって粉のつながりが非常に良いのです。 「春の新そば」というのもありますが、こちらは全体量が圧倒的に少なく、ほんの僅かしか入荷しません。やはりこの「秋の新そば」を打つ時がソバ職人にとって一番ワクワクするのです。

2020年

9月

24日

「新そば」

「新そば」が入荷しました。早速提供しております。 今年は2週間以上早い入荷となりました。 一年でこの時期だけ 若草色で潤いのある‥」例えば赤ちゃんの肌に触れるような 優しい感触で ソバ麺を打っております。

今入荷しているそばは

 北海道深川市、JA北そらち・一巳(いちやん)産の 「レナノカオリ」 です。

麺にコシがあって 薄っすらと若草色をしています。新そば特有の みずみずしさ と新芽の香りが残っています。

新そばの特徴は どんどん無くなってゆきます。今日ものある方は是非とも早めのご来店をお勧めします。

2020年

9月

23日

人出 出すぎ

ニューでも昨夜遅くまで都心に向かう高速道路は大混雑を映していました。旺麦の前の国道でも午後三時頃からは渋滞の連続でした。当然お客様も連日大盛況で、ありがたいですが、チョット、コロナが心配です。2週間後の状況を見ながら自分たちの行動を決めてゆかなくてはいけません。 

周りの水田はすっかり刈り取りが終わりました。好天のおかげで農家も本当の意味でヤレヤレ・・・です。早々と稲刈りが済んだ水田ではまたもや青くなってきています。刈り取った稲株から新しい芽が出て育っているのです。が 収穫にはならないので、草刈り機で刈り取る人もいます。

2020年

9月

22日

秋の気配

今日はお彼岸、自宅近くでは近隣の五人組でお守りする祠のお参りがあります。毎年年二回のお彼岸には必ず五人組の組長さんが音頭をとり、お酒を一升出します。お供えの餅は組の会費で賄います。午後二時半には(私は時間には間に合いませんが)各戸一重(お摘みを重箱に詰めて持ち寄る事)で集まります。天気は良さそうなので、刈り取りの終わった田んぼの片隅に茣蓙を敷いて宴会をします。 この地域でも未だに旧式の祭りごとをするのはこの五人組だけになりました。 秋の落ち葉が吹いてくると思います。

2020年

9月

21日

稲刈り 活況

比較的好天の恵まれ周りの水田では稲刈り作業が活況を呈しています。一週間前台風の影響で長雨でした。殆どの農地で稲の倒伏が酷く、更に水を確り抜くことができない泥濘の中での刈り取り作業となっています。瞬間に大型コンバインで作業が終わるはずが、機会が泥濘に落ち込んで、さらに倒れこんだ稲を機械がうまく取り込めなくてオペレーター作業員が大変苦労している様子が見られました。田植え作業・稲刈り作業を営農組合に頼むと相当な金額の請求が来ます。 今の時代5反以上の広さが無い農家は自前の機械を持ちません。トラクター・田植え機・コンバインの管理修理・新しい機械への更新を銭換算すれば稲作は大赤字です。やらないほうが利益がある。とも言えます。先祖代々の田んぼを管理しなくては・・の一念でサラリーマンの給料で機械を維持しているのが現状です。食料の自給率を上げるのは難しいでしょう。

そば工房 旺麦 ブログ

初雪
初雪

例年より少し早めの初雪でした。

中津川付近は普段岐阜県では比較的積雪の無い地域ですが、月曜日は旺麦付近の通勤道路は渋滞の列が見受けられました。

直前に冬タイヤの交換してありセーフでした。

お店はこの季節から春までゆっくりした営業が続きます。

やはり「美味しいソバはザルに限る」と思われるお客様が多いのですね。

それでも当店では暖かいメニュー「味噌煮込み」「鍋焼きうどん」「鴨なんばん」「天ぷらソバ」・・などを用意してします。

どうぞお来しください。

 

辛い大根
辛い大根

辛い辛い大根

ただいま旺麦農園で育成中です。

が・・・・この大きさです。・・(写真)

皆さんのお口に届きますでしょうか?

ちょっと不安な眼で眺めております。

そば工房旺麦店舗

【臨時休業のご案内】

 

      11:00~14:0

      閉店 14:30

 

 仕込みが売れ切れると 

     閉店します。 

 

そば工房旺麦よりお知らせ

11月5・6日(木/金)連休します。

 

 9月25日

  新そば 入荷しました。 

   辛い大根おろし あります。

*そば定食・うどん定食 

  750円(平日)~

  おかず2品 漬け物 付き。

*高級 鴨のロース肉を使用した

「鴨ざる」

「鴨なんばん」 お値打ち価格で提供

*カツカレーうどん・

    蕎麦屋のカレー 

        最近人気のメニ   ューです。

そば工房旺麦の営業時間

【営 業 時 間】

   11:00~14:00
      閉店 14:30

  仕込みが無くなり次第

  閉店する事があります。

 

 

そば工房旺麦の定休日

 金曜日定休

   (祭日は営業)

 

HP・張り紙をご覧下さい。

・お問い合わせ・

 〒508-0202

 岐阜県中津川市下野217-7

 TEL: 0573-72-5022

   (携帯に転送あり。)